スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | スポンサー広告 | 
MG ケンプファー製作経過
クリア済みゲームをまとめて売ったらなかなかの金額になり、
新たなゲーム購入しても余ったので更にプラモ買いそうな私(マテ

今回作るのは、前回紹介したウイングゼロと一緒に買ってきたケンプファーです。
皆さんにもお気に入りの機体というのがあると思いますが、
ジオン製で言えば私はこのケンプファーが一番気に入ってると思います。
( ゚∀゚)o彡゜強襲用!強襲用!

この機体、フォルムはカッコイイのですが単色です。
普通に組んだら地味になってしまうかも・・・
そう懸念し、せっかくのお気に入りなので思い切ってみることに。
今回の追加事項は「簡単な塗装を施す」ことです。
製作予定期間は3日。1日目で塗装、2日目で組み立て、3日目で仕上げとポーズ&撮影。 ガンプラ暦はそこそこ長いのですが、素で組む以外のことはあまりしたことありません。
私は塗装は未経験ではないのですが、まぁほぼド素人と思っていただいて結構です。
そんなわけで、目立った材料も新調できないので、あくまで手軽に塗装しようかと。
考えとしては
・外部装甲のブルーの部分のみ塗装。
・ツヤ処理
・大雑把なスミ入れ
こんなもんです。わぉ適当。

装甲の塗装ですが、単色ですし混ぜるのも面倒なので作業が簡単なスプレーを使用します。
スプレーは使用が簡単ですが、量が無いくせに割高ですね。
細かい作業もできないので、玄人にはあまり使われていない模様。
エアブラシとかあったら良かったんですけどねぇ・・・
ちなみに今回使用する色はメタリックブルー
私個人がこの色合いが好きなのと、ツヤ処理すると色が映えるのが素敵。
↓塗装前
kenp01.jpg

パーツを切った後、並べる前に塗料がちゃんと着くように洗剤で洗います。
製造過程の油分や、ゴミが着いてるのを取り除きましょう~
置きにくいものや全方向から塗装が必要なものは串で刺して固定します。
スプレー塗装ですが、近すぎると色にムラが出たりするので距離を置いて噴き付けます。
問題はプラの色からしてちゃんと余り無く塗装できたかがわかりづらいこと。
仕方ないので感覚に任せて、なるべく念入りに噴き付けました。
ちなみにスプレーで出るガスは臭いし有害なので屋外で。
塗装できたらさっさと自分は逃げて4h程度放置しておきます。
↓塗装完了
kenp02.jpg

塗り残しを探して、塗りなおすやつだけ集めてまた噴射&放置。
それが乾いたらツヤ処理に入ります。パケ絵のような勇姿に仕上げたいですね。
ちなみにツヤ処理はクリアスプレーで。
これも装甲部分にしか使用しません。スプレーだから量がない!
塗装と同じようにスプレーを噴射&放置。
色が透明なのでさっき以上に感覚ですが、まぁ多少塗り残しあっても問題ないですな。

ということで時間はかかったけど手間は思ったほどかからずに塗装完了。
お次は組み立て&超簡易スミ入れに入りました。
ケンプファーは非常に組みやすい・・・
ですが思ったよりスミ入れが面倒でかなり時間かかりました。
気づくと深夜・・・('A`)日没くらいには完成の予定だったのですが。
まぁでも組み終えることはできたので、明日にはポーズとって写真をアップしますね。

モノアイはクリアパーツだったので透明感が失われない程度に赤で塗装。
でもこれだと光を当てないと暗くて色が見えないんですよね。
いっそのことしっかり塗装しちゃったほうがいいのでしょうか?
うーん('A`)
2006-09-16 (Sat) | ホビー | COM(0) | 
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する

top ▲
| Top Page |

カテゴリー

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。